サイト売買の注意点

サイト売買の注意点
サイト売却を検討しているけど、何か気をつけなければならいないことはあるのだろうか?と気になるときがあるかと思います。
サイト売却は専門業者が携わっていれば、それほど注意する点は多くはないですが、より高く、より早くサイトを売却するために注意すべきことをまとめました。

サイトを売却(譲渡)するまでの流れ

まずはサイトを売却(譲渡)するまでの基本的な流れについてご紹介します。

1.サイト売却サービスへの登録

サイト売却を検討する際はサイト買取専門サービスやサイト売買仲介サービスなど、専門家が提供しているサービスを利用することをお勧めします。
直接のやりとりになると、のちのちにトラブルになったり、移管が上手くいかなかったりと、売却がなかなか進まないこともあります。

2.対象サイトの審査・査定

サイト売却対象のサイトの情報をまとめて提出しましょう。どのような情報をどのようなフォーマットでまとめて提出すればいいかも専門業者が入っていればテンプレートをもらえます。
ただし、仲介サービスなどでは買主からの追加質問などで、後から項目が増えることも多々あります。
手間をかけずに審査や査定を依頼する場合には買取専門サービスがおすすめです。

3.査定価格の提示・契約

サイト売却対象のサイトの査定結果を受けて、提示された価格で売却するかどうかを決めましょう。サイト売却を決めた場合、契約書を締結し、
スムーズに移管できる準備をしましょう。

4.対象サイトのコンテンツやサーバー、ドメインの移管

移管については、買主としっかり相談しながら進めてください。ここで間違った方法で移管したり、指示されていない方法で設定を変更したりすると
査定額が変更になったり、最悪の場合、取引が中止となる場合もあるようです。
手順をしっかり確認し、慎重に進めるようにしましょう。

5.譲渡対価の獲得(お金の受取)

売却対象サイトのコンテンツやサーバー手続き、ドメイン等の移管が完了したら、譲渡対価の受取となります。
本当に金額が支払われるのだろうかなど心配事もあるかと思いますが、実績のあるサービスを選んで売却していれば安心ですよね。
このように、サイトを売却するまでの基本的な流れは決して難しいものではなく、おさえておくべき注意点などをクリアしていれば誰でもできるものなのです。

サイトを売却するときの注意点

次にサイトを売却するときの注意点をお話しいたします。
サイトを売却(譲渡)するまでの流れでもご説明したとおり、サイトを売却する際に注意しなければならないポイントはそこまで多くないです。
せっかくの機会なので、細部まで気を使って、できるだけ高く売れるように準備をしましょう。

1.利益が0円のサイトでも売却可能です

売却を検討されているサイトが利益が出ていないということで、売却をあきらめていませんか?
実は利益が0円でもサイトを売却できる可能性はあります。
たとえば、PV数がとても多いサイトであったり、メルマガ購読会員数が多かったり、SNSのフォロワーが多かったりと、そのサイトの集客力を他の要素で示すことができれば
そこにサイトの価値がある可能性があります。
ご自身のサイトの価値がいくらくらいなのか気になる場合は、ぜひ無料で実施されているサイト査定を試してみてください。

2.無料ブログは売却できません

逆に、どれだけ集客力があっても無料のブログはサイト売却できません。
理由は、無料ブログの大半が、サイトの所有権がサイトを運営する企業にあるからです。
無料ブログの場合、サーバー代等々の月々費用がかからないですが、それはサイトを運営する企業が負担しているからなのです。
無料ブログはその企業が提供する場所を借りて公開しているため、そのブログを許可なく移管することはできないのです。
ご自身が売却を検討しているサイトが、売却可能かどうかは是非事前に調べるようにしてください。

3.サイトのエラーなどは解消されているか?

運用歴が長いサイトやページ数が多いサイトで、うっかり漏れてしまうのがエラーページ、エラーリンクの放置です。
これらはサイトデザイン崩れや、導線の不具合につながることはもちろん、SEOの順位の低下やアフィリエイト・アドセンスのペナルティにもつながるため
リスクが高いとみなされ、査定価格に大きく影響が出る場合があります。
事前にエラーは解消し、クリーンな状態で査定を受けることが、サイトを高く売るコツにもつながります。

4.ドメイン、サーバーなどの契約状態が確認できているか?

サイトを売却する際には、サイトのコンテンツだけでなく、サイトが稼働しているサーバーや、ドメインなどもセットで移管することが多いです。
これらの移管ができない、どこと契約しているか忘れてしまったなどの場合は、時間がかかったり、価格が下がったり、最悪、売却できないというケースも出てきますので
できるだけ事前に確認しておくようにしましょう。またどうしても分からない場合は、無料査定時や問合せにて専門家に事前に相談しておくと解決が早くなりスムーズに手放せる確率が高くなります。

5.関係者には周知できているか?

サイト売却をする際に、意外と忘れがちなことが関係者への周知です。一緒にサイト運営に関わって下さっていた方や、サイトを通して取引などが発生している先など、
サイトを手放してもサイトを利用していただくのかなど、事前にしっかりご説明しておきましょう。

サイト売買の注意点のまとめ

サイト売買の注意点についていかがだったでしょうか。
今回はサイト売却(譲渡)時の基本的な流れから、サイト売却時の注意点についてご紹介いたしました。
サイトを高く早く売るために、気を付けるべき点はそこまで多くありません。
サイト売却の査定時にしっかり高く査定してもらうためにも、事前にできることは準備してみても良いかもしれませんね。
事前準備もなかなか忙しくて難しい、事前準備もアドバイスが欲しいなどの場合は、まずは無料の相談や問い合わせをしてみるのもありではないでしょうか。
サイトの更新が最近できていないなど、放置状態が続く前に、ぜひ早めにご相談ください。

 

>ウェブサイト売却(サイトM&A)、事業譲渡はサイト買取専門サービスSiteBuy(サイトバイ)へ

ウェブサイト売却(サイトM&A)、事業譲渡はサイト買取専門サービスSiteBuy(サイトバイ)へ

個人アフィリエイター様作成のアフィリエイトサイトはもちろん、数ヶ月更新していないサイトも売却OK!!
買取専門サービスだから、より高く・早く売却ができます!!
バーティカルメディア、キュレーションサイトなども高価買取実施中!!

CTR IMG